岩船大祭 2016  岩船大祭×若連中 コラボ企画 Special Contents 岩船時間別刊「特集 岩船大祭2016」

特集 岩船大祭

秋空に響く囃子の音色と木遣唄。伝統を受け継ぐ勇壮かつ絢爛豪華な九台のおしゃぎりが岩船の町を練り歩く

岩船大祭2016 岩船大祭2016 岩船大祭2016

▲このページのトップへ

岩船大祭

岩船大祭は石船神社の御祭礼です。
岩船大祭2016年−上町− 毎年10月18日(宵宮)、19日(本祭)の両日にわたって岩船の町をあげて行われるお祭りです。
航海の安全と大漁、町の繁栄を祈願する港町「岩船」にふさわしく他に例を見ない勇壮で活気に溢れます。
10月19日の本祭には、神輿とともに「おしゃぎり」と呼ばれる九台の屋台が早朝から深夜まで男衆の手によって町中を練り歩きます。

祭礼行列の先頭となるのは「お舟様」と称される朱塗りの船を乗せた岸見寺町のおしゃぎりです。
この「お舟様」は祭礼のシンボルとして篤く敬われています。
この「お舟様」を先頭に列をなす九台のおしゃぎりは、漆、彫刻、金箔が施された見事なまでの豪華絢爛かつ勇壮なもので、おしゃぎり自体の価値も非常に高く、貴重な祭礼であると云えられています。

今年のポスターを飾っている上町のおしゃぎりは明治34年(1901年)に制作されたおしゃぎりです。
御神体は「お神酒錫」、見送りは「鷹と龍」。昔から「見るは上町」と言われるほど、彫り物の鷹と龍の勇ましさは見事であり素晴らしく、おしゃぎり屋台の豪華さは随一のものです。

今年のお祭りの曳行は下番番で執り行われるため、岸見町(お舟様)、地蔵町(諏訪大神)、下大町(外法様)、下浜町(恵比須様)、上大町(大黒様)、上町(お神酒錫)、上浜町(武内宿禰)、惣新町(花傘)、横新町(白駒)の順番となります。

近年は若連中により「イベント」と呼ばれるおしゃぎりとおしゃぎりのお囃子の掛け合いや、撒き物などもあり非常に見どころ満載です。

岩船大祭は昭和63年に新潟県無形民俗文化財に指定されました。

▲このページのトップへ

若連中代表の声

目前に迫った念願の頭取としての『まづり』
最高の若衆と賑やかで、怪我・過ちが無く岩船の神様も最後まで楽しめる最高の『まづり』になるよう頑張ります。
『最後まで俺につでけっしゃ』

伝統ある岩船大祭、今年は頭取として参加させていただきます。伝統を守り若い世代に語り継げる様な思いである祭りにしたいと思います。当日は楽しく、事故等無い祭りで今年も良い祭りだったと言える様に努めます。

伝統ある岩船大祭に今年は、若連中運営委員長と下大町篤信会会長という大役を務めさせていただき、光栄に思っています。 無事に事故なく祭りが終わり、いい祭りだったと言える様にがんばりたいと思います。

いよいよ祭り本番も迎えようとしておりますが、当日は事故なく、失敗を恐れず、楽しく笑顔で、心強い濱若若連中と共に、會長の役を務めます。責任重大ではありますが、やってみねばどーなるかなんて誰にもわがらねすけ、臆することなく挑みます。年に一度の岩船大祭。みんなで楽しみましょう。

長く岩船を離れている私が、今年、大若会長という大役を務めさせて頂きます。安全を第一に考え、曳行したいと考えています。 諸先輩方、大若全員、並びに岩船の皆様と共に、岩船大祭を盛り上げたいと思います。

いっぺ責任あっけど一番組のみんなが&区のみんながと楽しょやる!
気合い入れっつぉー!!

子供の頃から大好きだった「小さな町の大きな祭り」今年は一生一度の会長の法被。屠龍会会長の任務と重圧を背負いつつも、自分なりに心の底から楽しみます!そして、多くの人のいろんな想いを乗せた上浜町宿祢様の屋台を屠龍会全員全力で曳行しますので皆様宜しくお願いします。。

観光客や地元の人たちに喜びと感動を受けてもらえるような祭り・屋台にしてみってと思っています。当日は、大きな歓声とかけ声で、もり上げてもらえるとうれしいです。オレたぢ若い連中もキバりますので、よろしく!

伝統ある岩船大祭に誠友会会長として、参加できることを心から嬉しく思います。 誠友会会員全員が「おもっしぇがった!」と思える祭りになる様、がんばりたいと思います。


▲このページのトップへ

おしゃぎり

岸見寺町 地蔵町 下大町
岸見寺町のおしゃぎり 地蔵町のおしゃぎり 下大町のおしゃぎり
製作年
製作者
構 造
お飾り
見送り
曳航団体
管理者
明治29年(1886)
斎藤予斎(岩船)
二層二輪造り
明神丸

岸若(岸見寺町若連中)
岩船岸見寺町区長

製作年
製作者
構 造
お飾り
見送り
曳航団体
管理者
大正2年(1913)
島田戈一郎
二層二輪造り
諏訪大神
緞帳
地若(地蔵町若連中)
岩船地蔵町区長

製作年
製作者
構 造
お飾り
見送り
曳航団体
管理者
天保13年(1842)
布施平七(町内)
二層二輪造り
福禄寿
二見ヶ浦の日の出と海老
篤信会(下大町若連中)
岩船下大町区長
下浜町 上大町 上町
下濱町のおしゃぎり 上大町のおしゃぎり 上町のおしゃぎり
製作年
製作者
構 造
お飾り
見送り
曳航団体
管理者
享和元年(1801)
後藤武兵衛(山北)
二層二輪造り
恵比須
雲と麒麟
濱若(下濱町若連中)
岩船下濱町区長
製作年
製作者
構 造
お飾り
見送り
曳航団体
管理者
安政4年(1857)
美濃源吉(町内)
二層二輪造り
大黒天
鶴と亀
大若(上大町若連中)
岩船上大町区長

製作年
製作者
構 造
お飾り
見送り
曳航団体
管理者
明治34年(1901)
斎藤寅吉(岩船)
二層二輪造り
お神酒錫
鷹と龍
一番組(上町若連中)
岩船上町区長
上浜町 惣新町 横新町
上濱町のおしゃぎり 惣新町のおしゃぎり 横新町のおしゃぎり
製作年
製作者
構 造
お飾り
見送り
曳航団体
管理者
文政12年(1830)
山脇長兵衛(村上)
二層二輪造り
武内宿禰
宝珠と双龍
屠龍会(上濱町若連中)
岩船上濱町区長
製作年
製作者
構 造
お飾り
見送り
曳航団体
管理者
嘉永7年(1886)
不明
二層二輪造り
花傘
鯉の滝登り
惣若(惣新町若連中)
岩船縦新町区長
岩船中新町区長
岩船新田町区長
製作年
製作者
構 造
お飾り
見送り
曳航団体
管理者
昭和62年(1987)
細野実(村上)
二層二輪造り
御神馬

誠友会(横新町若連中)
岩船横新町区長

(C)岩船まつり運営委員会

▲このページのトップへ

交通規制

岩船大祭交通案内図(PDF) 10月19日の岩船大祭当日は、岩船地区内は大型車両通行止めとなります。
一般車両も交通規制となる場合がありますので、係員・交通誘導員の指示または標識に従って下さい。



交通規制案内図(PDF)を見る

▲このページのトップへ

各町内の屋台宿(当宿)は以下の通りです。(敬略称)

岸見寺町伴田 和良上町13組
地蔵町大越 良広上濱町青山 義雄
下大町脇川 健惣新町組代表 東海林 豊
下濱町本間 清横新町伴田 正弘
上大町瀬賀 久英  

▲このページのトップへ

inserted by FC2 system