岩船時間トップページ

ロマン溢れる歴史の旅、季節を彩る観光名所。塩引鮭やヤナギカレイで有名な岩船の観光、名産を紹介します。

岩船大祭まで

トップイメージ

観光案内

石船神社

石船神社
石船神社 石船神社 石船神社 石船神社

石船神社は大同二年(807年)北陸道観察使秋篠安人(あきしののやすひと)によって京都の貴船明神を勧請したと伝えられています。

言い伝えによると四〜五世紀ごろ、物部氏一族がこの地に来航。彼らが神とする饒速日命(ニギハヤヒノミコト)をお祀りした神社をつくりました。これが石船神社の原型とも言われています。「岩船」という地名も、この饒速日命に関する神話 〜神さまが天の石船(あめのいわふね)に乗りおいでになられた〜 という「天磐船(天磐樟船)」からきているようです。


明治五年(1872年)新潟県下最初の県社に列せられました。

昭和三十三年(1958年)神社社叢が県文化財に(天然記念物)に指定されました。

平成十九年2007年)、大同二年の貴船神社御祭神勧請から1200年を記念して、御鎮座千二百年祭が盛大に行われました。


ページトップへ

諸上寺公園

諸上寺公園
諸上寺公園の桜 諸上寺公園の桜 諸上寺公園の桜 諸上寺公園から望む日本海

新潟方面から瀬波温泉に向かう途中、右側に小高い山に向かう上り坂があります。その上に諸上寺公園があります。(看板あり)
この公園は山の上にあることもあり、展望台からは日本海を一望することができ、粟島、遠くは佐渡ヶ島まで望むことができます。
春には、ソメイヨシノと八重桜、約500本が見事に咲き誇り、県内外から多くの花見客で賑わいます。
白の桜、ピンクの桜、そして風に吹かれた桜が舞い落ち一面が桜の絨毯となるほど桜を満喫することができます。
その桜は4月中旬からゴールデンウィーク位までが見頃となります。
公園向かう坂道も桜がアーケードを作ってお迎えしますが、道が非常に狭いため運転にはお気をつけ下さい。


ページトップへ

三十三番観音

三十三番観音
三十三番観音 三十三番観音 三十三番観音

諸上寺の裏山に、諸上寺を囲んで三十三体観世音があります。
今から三百年も前、西国三十三所の観世音のそれぞれの方位を記録し、その地から一握りの砂を持ち帰り帰郷した一人の町人がいました。
信者同胞をつのり持ち帰った砂を台座に安置し、三十三所観世音の一体一体の方位を定め(順番がばらばらなのはそのためです)三十三観音を建立したのが始まりといわれています。時の流れとともに一時は土中に埋もれてしまいましたが、昭和7年に発掘が行われ三十三体全部が発見されました。当時の再建者により歌碑も建てられ遊歩道もでき、現在またその姿を拝観することができます。

所要時間約1時間半、トレッキングにも最適です。またパワースポットとしてもお勧めです。


ページトップへ

日本海

岩船海水浴場
日本海 日本海 日本海

岩船といえば、やはり海。
夕日が沈む日本海の美しさは格別です。

夏には県内外から多くの海水浴客が訪れます。


このページの先頭に戻る
岩船時間トップページへ
Copyright © 岩船時間 All Rights Reserved.  SINCE 2010
inserted by FC2 system